ADASおよび自動運転車市場予測2021 – 中国

出版:SBD Automotive(SBDオートモーティブ) 出版年月:2022年1月

China ADAS & Autonomy Forecast 2021

出版頻度 毎年更新
ページ数 150+
価格 お問合せください
種別 英文+日本語調査報告書

※価格はSBD Automotiveのポリシーにより表示しておりません。
お手数ですがお問合せください。

レポート目次  見積ご依頼・お問合せ  ご購入案内

無料サンプル

1990年代に初期の先進運転支援システム(ADAS)の一部が市場に投入されて以来20年以上が経過した現在、ADASの普及はようやくある程度の実質的な成長を示し始めています。こうした普及の遅れの要因としてセンサコストの高さに加え、自動車メーカーがこれら安全システムの利点のPRに慎重な姿勢をとっていたことがあげられます。

中国では2018年に中国NCAPが対車/対歩行者衝突回避(CA)をテストプロトコルに追加しており、この追加は中国市場におけるADASの大幅な普及増をもたらしました。中国においてさらに多くの車種が次のライフサイクルに入り、このテストプロトコル遵守を目指すようになるにつれ、今後CAの展開は著しく拡大していくとSBDは見ています。

本書では中国における各種ADASシステムの機能別販売量および搭載率、技術別販売量および年間収益、自動車メーカー単位ではADASシステムの機能別および技術別の年間搭載率を検証しています。

SBDでは中国市場における2027年までのADAS普及予測をADAS技術・機能別、OEM別、SAEレベル別に掲載したレポート「ADASおよび自動運転車市場予測 2021 – 中国」を発行いたしました。

機能別セクションでは販売台数および装着率予測、技術別セクションでは技術別年間収益を比較可能な一つのグラフで示しながら、各技術ごとの販売台数および収益予測を示しています。またOEM別セクションでは各OEMごとの機能別・技術別の年間搭載率予測を掲載しています。


主な調査結果
中国ADAS市場の2027年までの成長予測と
それに関するSBDの見解

技術別・機能別市場予測
中国市場における機能別・販売台数および搭載率、
技術別販売量および年間収益

OEM別市場予測
中国市場におけるOEM別のADAS普及状況

SAEレベル別市場予測
SAEレベル3および4の2033年までの市場予測

機能別市場予測 – 対象システム・技術
アダプティブクルーズコントロール(ACC)、パイロット
ドライブ(PD)、前方衝突警告(FCW)、衝突回避
(CA)、ナイトビジョン(NV)、交通標識認識(TSR)、
車線逸脱防止支援(LDP)、死角モニタリング
(BSM)、リアクロストラフィックアラート(RCTA)、
フロントクロストラフィックアラート(FCTA)、ドライバー
モニタリング(DM)、ハイ・ロービーム自動切り替え
(AHD)、半自動駐車支援(SAPA)、全自動駐車
支援(FAPA)、リモートパーキング(RP)
レーダー、カメラ、ライダー、超音波


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com