カルマンフィルタを使う – パテントガイドブック

出版:株式会社ネオテクノロジー 出版年月:2022年9月

カルマンフィルタを使う – パテントガイドブック

ページ数 NA
税込価格 88,000
税抜価格 80,000
種別 日本語調査報告書 (PDF版)

レポート目次  お問合せ・ご注文  価格・納期について

無料サンプル

ネオテクノロジー「カルマンフィルタを使う – パテントガイドブック」は無限インパルス応答フィルターの一種であるカルマンフィルタに着目し、最新の特許情報の具体例を挙げながら、関連特許情報を分類・まとめています。

当レポートでは下記用途・目的のうち、カルマンフィルタの活用あるいは利用に特徴のある特許情報を提供しています。

  • 位置・方位の推定
  • 運動の推定
  • 電池状態の推定
  • フィルタの構成
  • 推定精度の向上
  • 低ノイズ化
  • 処理負荷の低減

■本書の見どころ

観測データからシステムの状態を逐次推定するカルマンフィルタは、予測や推定だけでなく、バイタルセンシングのような微弱信号の検出にも欠かせない信号フィルタリング技術です。GPS信号が途絶えたカーナビのトンネル走行制御や衝突確率の算出、日本酒醸造工程の予測、LIDARのトラッキングなど、知っておきたい最新の特許情報の具体例を紹介しています。

■最新の特許情報を俯瞰するパテントガイドブック

技術テーマのプランニングや技術開発において、技術者自身が最新の特許情報を的確に把握することが求められています。しかし、膨大な特許情報の中から必要な情報を抽出するには困難が伴います。そこで、特定の技術テーマにフォーカスし、俯瞰しやすいレベルにまとめたのが本シリーズ「パテントガイドブック」です。

技術者の視点で直近の特許情報から最低限必要な約100件の情報を厳選した本シリーズは、技術者が進むべき将来の方向を探る道しるべとして最適なガイドです。パテントガイドブックについてはこちらをご参照ください。

観測データからシステムの状態を逐次推定するカルマンフィルタは、予測や推定だけでなく、バイタルセンシングのような微弱信号の検出にも欠かせない信号フィルタリング技術です。GPS信号が途絶えたカーナビのトンネル走行制御や衝突確率の算出、日本酒醸造工程の予測、LIDARのトラッキングなど、知っておきたい最新の特許情報の具体例を紹介しています。


目次/技術分類

◇位置・方位の推定

ナビゲーションシステムなど、カルマンフィルタを位置や方位の推定に利用する用途に特徴がある特許情報を取り上げました。

◇運動の推定

カルマンフィルタを運動の推定に利用する用途に特徴がある特許情報を取り上げました。映像の補正方法に関する用途を含みます。

◇電池状態の推定

残存容量(SOC)など、カルマンフィルタを電池状態の推定に利用する用途に特徴がある特許情報を取り上げました。

◇フィルタの構成

入力条件、状態推定対象、演算処理方法など、カルマンフィルタの構成に特徴がある特許情報を取り上げました。

◇推定精度の向上

カルマンフィルタを推定手段とすることにより、推定精度が向上することに特徴がある特許情報を取り上げました。

◇低ノイズ化

カルマンフィルタを推定手段とすることにより、ノイズを低減できることに特徴がある特許情報を取り上げました。

◇処理負荷の低減

カルマンフィルタを推定手段とすることにより、処理負荷を低減できることに特徴がある特許情報を取り上げました。

◇その他

発振周期の推定、電力系統での慣性の推定、モバイルネットワークでの接続品質の予測など、上記の分類に属さないカルマンフィルタの応用例やメリットに特徴がある特許情報を取り上げました。


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com