OTA及びソフトウェアアップデート による機能提供の最新動向ガイド

出版:SBD Automotive(SBDオートモーティブ) 出版年月:2022年6月

OTA及びソフトウェアアップデート による機能提供の最新動向ガイド

出版頻度  四半期更新
ページ数 29
価格 お問合せください
種別 英文+日本語調査報告書

※価格はSBD Automotiveのポリシーにより表示しておりません。
お手数ですがお問合せください。

レポート目次  見積ご依頼・お問合せ  ご購入案内

無料サンプル

自動車業界では、OTA(Over-The-Air)やFOTA(Firmware-Over-The-Air)アップデートを車両開発およびライフサイクル戦略の中心に据える新規プレーヤーが増加しています。FOTAアップデートは従来のOTAアップデートとは異なり、車両のハードウェア機能を直接追加または強化します。現在、TeslaなどのOEMの車両では、定期的なアップデートが提供されており、生産時にインストールされたソフトウェア機能やファームウェア機能のロックを解除することが可能です。

消費者ニーズの高まりを受け、世界各国の自動車メーカーが、将来の車両ラインアップ向けに同様のOTA戦略を採用または開発しています。こうした自動車メーカーが自動車のライフサイクルを通じて様々な電子制御ユニットを定期的に更新するようになるのに伴い、製品企画・エンジニアリングチームが機能やプラットフォームの競争力を評価することはより困難になります。

Over-The-Air(OTA)アップデートは、従来のソフトウェアアップデートとは異なり、車両の機能を直接追加、または強化するものです。OTAを採用するOEMが増加するのに伴い、その機能やプラットフォームの競争力を比較評価することが難しくなっています。

本書では各OEMのOTAによる提供機能や対応モデル、リリースサイクルが流動的に変化している中、常に最新状況が把握できるよう、OTAに関する各OEMの最新動向を四半期ごとにまとめ提供します。また、現在OEMが提供しているアップデート、そのプロセスで利用されている技術についても紹介します。 OTAを提供している車種をデータベースとしてエクセルに整理するとともにキーポイントをPPTレポートにまとめます。


目次

はじめに
注目すべき発表
OTAの5ドメイン、OTAのタイムライン、車両登録台数の予測、ソフトウェア対応サービス、 OTAの改善 – その重点ポイントは?

OEMおよび市場概説
戦略的発表、OTAアップデートおよびソフトウェア関連のバグ修正、最新情報

OEMおよび市場概説
OTAドメインおよび機能別販売台数、OTAドメイン占有率とOEMの主な推進要因、デジタルコックピットとインフォテイメント、ADAS、コンフォート、ボディ、およびキャビン、パワートレイン、セキュリティ、その他、およびバグ修正、2021年販売車両のOTAリリース頻度、インストール所要時間、ベストプラクティス:ユーザーエクスペリエンス、コネクティビティチャネルと料金設定


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com