デジタルキーガイド 2022年HY1版

出版:SBD Automotive(SBDオートモーティブ) 出版年月:2022年10月

デジタルキーガイド 2022年HY1版
Digital Key Guide 2022HY1

出版頻度  半年更新
ページ数 35+
価格 お問合せください
種別 英文+日本語調査報告書

※価格はSBD Automotiveのポリシーにより表示しておりません。
お手数ですがお問合せください。

レポート目次  見積ご依頼・お問合せ  ご購入案内

無料サンプル

車内においてソフトウェアベースの機能およびシステムが担う役割は拡大しており、スマートフォンをホストとするユーザーエクスペリエンスが増加しています。その中でも最も注目されているのが、スマートフォンを用いて車のロック・アンロック・スタートが可能なデジタルキーです。現在、デジタルキーは一部の高級車メーカーが標準装備し、量産車メーカーはプレミアムパッケージや上位モデルでオプション提供しており、プレミアム機能として認識されています。

しかし、将来的にはデジタルキーシステム、特にスマートフォンを利用したシステムが、ますます一般的なユーザーエクスペリエンスとなる可能性があります。同様に、自動車メーカーと家電メーカーとの新たなパートナーシップや自動車へのネイティブ統合などを通じ、デジタルキーがより身近な存在になれば、現在のパッシブスマートキーシステムや、キーフォブから完全に置き換わる可能性もあります。

本書は欧州、米国、中国編別に、年2回更新し、各地域においてOEMが提供している最新のデジタルキーの情報をまとめたExcelデータベースと、各システムの特徴や価格モデル、採用されている技術について分析したPPT/PDFレポートの2部構成となっています。


目次

はじめに
簡略化したシステムアーキテクチャ、システムのタイプ、先端機能は何か?

要旨
どの標準規格をどのOEMが採用するか?、導入される技術とは?、デジタルキーの進化、主な課題、米国におけるデジタルキーの現状

最新情報
デジタルキーに関する法規制のタイムライン、注目すべき発表とイベント、スマートフォンOEMと車両OEMの提携、デジタルキーシステムの動向、車両アクセスの動向、キー共有の動向

データ分析結果
Excelデータベースからわかる動向の要約と各システムにつけられたスコア

Excelデータベース
各OEMが提供しているデジタルキーの詳細情報を掲載、フィルタリングして表作成、比較などが可能。


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com