車載リチウムイオン電池マーケットトレンド-2022版

出版:沖為工作室合同会社 出版年月:2022年5月

ページ数 66
税込価格 165,000円
税抜価格 150,000円
種別 日本語調査報告書

レポート目次  お問合せ・ご注文  価格・納品について

無料サンプル

 

 

沖為工作室「車載リチウムイオン電池マーケットトレンド-2022版」は車載バッテリーのうち、リチウムイオン電池市場を調査・分析しています。市場規模分析はEV市場、車載バッテリー市場、車載バッテリー・リユース市場を対象に行っています。また主要7ヶ国の国別分析結果も提供しています。

本レポートの形態はPDF+Excelです。ExcelにはPDFの国別(一部エリア)市場規模データをさらにブレイクダウンしたデータが含まれています。​

概要

急変する自動車産業を取り巻く環境

先進運転支援システムや自動運転に関わる分野の技術進歩は目覚ましく、センサーを駆使したシステム構築がトレンドになっています。自動車技術は従来、「走ること」に重きが置かれていましたが、「車の中で過ごす空間を最適化する」ことも昨今、フォーカスされるようになっており、AIやソフトウェア技術の進化とともに、ドライバー・モニタリング・システムや乗員監視システム、HVACシステム、HMIシステム等が導入され、車載インテリアのスマート化を牽引しています。また自動車の電動化が進むにつれ、電気自動車におけるエネルギーマネジメントの重要性も増しており、バッテリーのモニタリング技術の開発も加速しています。

自動車OEMメーカーらはSoftware-Defined Vehiclesに向けた方針を打ち出しており、車両開発は従来型の機械工学からプログラム工学をベースにしたソフトウェア技術へ移行しようとしています。車両は、製品ライフサイクル全体を通じて、ソフトウェアのアップデートによって継続的に改善されるようになります。こうした車両開発の在り方におけるパラダイムシフトによって、産業構造も変わろうとしています。

カーボンニュートラル

現在EV市場を取り巻く環境は、グローバルレベルでは欧州グリーンディール、中国NEV規制、米国ZEV規制とが進行しており、特に中国の新エネルギー車(NEV)市場は補助金政策の結果として大きく活気付いており、世界のEV市場を牽引しています。また欧州委員会も新電池規則の策定により、電動化とライフサイクルマネジメントを結び付け、サーキュラーエコノミーを欧州成長戦略のコア要素として位置付けています。

車載バッテリー

車載バッテリーを巡る考え方も地域・エリアにおける市場の在り方によって変わってきます。欧州メーカーは三元系をメインに全固体電池へのパスを描く傾向にあります。特にLFPは低温に弱く、エネルギー密度も相対的に低いため実用性に乏しいと判断される傾向にあります。一方で中国メーカーは三元系の優位性を認めながらもコストや安全性の面でメリットのあるLFP系の改良も進めています。また固体電池も固体電解質と液体電解質の両方を持つハイブリッド固体電池が当面のトレンドとなることが予測されます。負極材は従来グラファイト系が主とされてきましたが、Si系負極材の実用化が進んでいます。シリコン負極は、グラファイトに比べて多くの電荷を蓄えることができ、容量密度の大幅な向上が期待される材料として認知されています。

市場規模予測

混迷を極める世界情勢であっても産業の発展は留まるどころかさらに加速しようとしています。欧州委員会は新車のCO2排出量を2035年までに100%削減という新しい目標を2021年7月に設定しました。グローバル規模でEVバッテリーの需要は急速に高まっており、バッテリーメーカーも生産能力拡大を目的とした投資プロジェクトを積極的に展開しています。

本レポートでは市場トレンドから関連企業の取り組みアップデートをはじめ、各地域におけるバッテリーに対するアプローチの違いや、中国、欧州、米国、日本、韓国、インド市場の動向、バッテリー技術トレンド、充電ステーション、リサイクル・リユースの取り組み状況等、幅広い視点から市場調査・分析が行われています。

 

 


目次

1.世界のEV市場動向

  1. EV規制動向
  2. EV乗用車市場
  3. 電動トラック・バス市場
  4. 電動オフ・ハイウェイ市場
  5. 中国市場
  6. 欧州市場
  7. 米国市場
  8. 日本市場
  9. 韓国市場

2.世界の車載バッテリー市場トレンド

  1. 車載バッテリー技術
    • 三元系
    • LFP系
    • その他 (コバルトフリー、LMFP、四元系等)
  2. バッテリーパック
    • 角型、円筒型、ラミネート型
    • CTP
    • CTC
  3. BMS
  4. 充電ステーション
  5. Battery as a Service
  6. 固体電池(半固体、全固体)
  7. 充電ステーション
  8. Battery as a Service
  9. 検査装置

3.EVおよび車載バッテリーメーカー取り組みアップデート

  1. EVメーカー
    • Tesla
    • Volkswagen
    • BMW
    • Daimler
    • General Motors
    • Toyota
    • Volvo
    • NIO
    • BYD
    • Xpeng
    • 上汽通用五菱
    • Man
    • Goldhofer
    • 宇通客車
  2. バッテリーメーカー
    • CATL
    • LG
    • Panasonic
    • Samsung
    • Customcells
    • Northvolt
    • SVOLT
    • ACC
    • AESC
    • Gotion

4.車載バッテリー部材市場トレンド

  1. 正極材
  2. 負極材
  3. 電解液
  4. セパレーター

5.車載バッテリーリサイクル、リユース動向

  1. 米国における電動化計画とリサイクル
  2. 欧州新電池規則
  3. 中国における関連法規制
  4. 各社の取り組み
  5. リサイクル、リユーススキーム分析
  6. ボトルネック分析

6.市場規模分析

  1. EV市場
  2. 車載バッテリー市場
  3. 車載バッテリーリサイクル、リユース市場

7.国別分析

  • 中国
  • ノルウェー
  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • アメリカ
  • 日本
  • 韓国
  • インド
  • その他

8.まとめ


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com