Rivian R1T – UXベンチマーク評価

出版:SBD Automotive(SBDオートモーティブ) 出版年月:2022年7月

Rivian R1T – In-car HMI UX Evaluation & Benchmarking
Rivian R1T – UXベンチマーク評価

出版頻度  年間6車種
ページ数 150+
価格 お問合せください
種別 英文+日本語調査報告書

※価格はSBD Automotiveのポリシーにより表示しておりません。
お手数ですがお問合せください。

レポート目次  見積ご依頼・お問合せ  ご購入案内

無料サンプル

車両への採用技術が増加する中、搭載システムをユーザーがどのように評価しているかを理解しておくことが非常に重要です。車内UX(ユーザーエクスペリエンス)はブランドの差別化において重要な要素であるだけでなく、長期的な顧客ロイヤルティの確立にも影響を及ぼします。

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームが、Rivian R1TのHMI UX評価を実施しました。R1Tのシステムは、親しみやすさとユニークさをほぼ等しく実現したHMIを提供しており、その車内体験は最新のTesla車両のものと類似する点があります。情報アーキテクチャでは、HMIの大半のやり取りを横長の大型センターディスプレイで行い、それを補完するメーターパネルディスプレイのコンテンツレイアウトもTeslaのModel SやXと同様のレイアウトを採用しています。

全体として、同車種は新興メーカーのHMIとしては優れており、他のOEMと比較しても遜色のない体験を提供しており、一部見受けられた課題の改善次第では同業他社をリードするシステムとなる可能性があります。


目次

調査の概要
本レポートについて
機能と特徴
実装品質
知覚品質
ADAS
インフォテイメント
ナビ
音声認識
コネクテッド機能
利便性


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com