モビリティサービス最新動向ガイド

出版:SBD Automotive(SBDオートモーティブ) 出版年月:2022年4月

モビリティサービス最新動向ガイド 2022年HY1版 : Mobility Services Guide 2022-HY1

出版頻度 半年更新
ページ数 350+
価格 お問合せください
種別 英文+日本語調査報告書

※価格はSBD Automotiveのポリシーにより表示しておりません。
お手数ですがお問合せください。

レポート目次  見積ご依頼・お問合せ  ご購入案内

無料サンプル

SBD Automotiveでは欧州、米国、中国で自動車メーカーが展開しているモビリティサービスに関する調査を継続的に行っており、最新情報をまとめたレポート「モビリティサービス最新動向ガイド」を半期ごとに発行しています。

自動車業界では、近年、カーリースの需要が高まると同時にサードパーティによるモビリティサービスが台頭し、成功を収めていま
す。この成功により、OEMがモビリティサービスのエコシステムに注目することとなり、モビリティサービスによってもたらされる収益源を
調査する企業や、モビリティサービスに投資したり、独自のサービスを立ち上げる企業が現れました。

しかし、自動車業界の他のエコシステムと異なり、モビリティサービスのエコシステムは、それぞれが異なるターゲット市場を持ち、
ユーザーとOEMに同様に様々なプロセスと利点を提供する多くのビジネスモデルをカバーしています。また、新しい機能や特徴の
導入、外部からの投資や買収、地域によって異なるサービスの提供など、エコシステムが進化していく中で、エコシステムの現状と
将来的な進化を見失いがちになります。

本書では欧州、米国、中国の各市場で提供されているカーシェアリング、ライドヘイリング、P2Pシェアリング、相乗り、レンタカー、
マルチモーダルサービスの特徴や事例を掲載しています。また、各サービスの概要、サービスの詳細、サービスアーキテクチャ、料金
設定モデル、サービス利用、サービス展開状況を示します。

 


目次

概要

各モビリティサービスの概要、長所、短所
モビリティ企業の概要

モビリティにおけるOEMの取り組み

OEM各社のモビリティサービス事業の概要

モビリティサービスの詳細

各モビリティサービスの概要、関連OEM、
運営チャネル、最新情報、料金設定および
サービス 展開、サービスアーキテクチャ
• カーシェアリングサービス
• ライドヘイリングサービス
• P2Pカーシェアリング
• 相乗りサービス
• レンタカーサービス
• マルチモーダルサービス


    お問合せフォーム

    • レポートのタイトルは自動で入ります。
    • *のある項目は必須項目です。

    お名前*

    会社名*

    部署名

    メールアドレス*

    電話番号

    当ウェブサイトを知った経緯を教えてください。

    お問合せ内容

    株式会社SEMABIZ・ChosaReport.com プライバシーポリシー

    Eメールでのお問合せもお受けしております。
    下記アドレスへ“(at)”を“@”に変えてお送りください。通常1営業日以内にご返信いたします。
    crinquiry(at)chosareport.com